英語

英語をLINEで添削してもらえる「生イングリッシュ」がすごい!

スポンサーリンク

この表現ってネイティブの人からすると変に聞こえるのかな?ニュアンスの違いが分からない!
翻訳サービスの表現はちぐはぐだし、英語の質問サイトも色々見てみたけれど、どれが本当に正しいのかハッキリしなくて困る。

英語を勉強していて、こんな風に思ったことはありませんか?

そんなあなたにおすすめのサービスが、生イングリッシュ!

  • この英語表現で変に聞こえないか添削してもらいたい!
  • 気軽に英語の疑問点を質問したい!
  • ネイティブみたいな英語を話したい!

そんな希望も生イングリッシュを使えば簡単に叶いますよ。

生イングリッシュとはどのようなサービスなのか、次で詳しくご説明していきますね。

\ネイティブに通じる英語がわかる!/

英語を添削してもらえる!生イングリッシュとは?

生イングリッシュは、バイリンガル講師がLINEで1時間以内※に英語の疑問点に答えてくれるサービスです。

(※平日9時~20時。高度な質問の場合は1時間を超えることもあります)

質問回数は無制限で月額2980円(税抜)。

特に文字制限などもありません。

注意!

ただし、日本語の文章を送って「英語に翻訳してください!」というのはNGです!!

生イングリッシュのメリット

生イングリッシュは、今までになかったタイプの画期的な英語学習ツールです。

それでは、生イングリッシュを使うメリットについてご説明します。

気軽に英語の質問をしたり英文の添削をしてもらえる

生イングリッシュはLINEのサービスを使ってやりとりするので、ふと思いついた疑問もその場で質問することができます。(※平日9時~20時の営業時間外の質問は翌営業日の返信)

わからないことがあるから、次に英会話スクールに行ったときに聞こう!と思っていても、何日か経ったら忘れちゃうこともありますよね…。

生イングリッシュを使えば、そんなもったいないことにはなりません。学習の機会をしっかり確保できますよ。

教科書では学べないちょっとしたニュアンスの違いを学べる

たとえば、簡単な例で言うと…「will」=「be going to」と習いましたよね。

テストの問題でも言い換え問題が出たと思います。

確かに辞書的な意味合いでは同じなのですが、ニュアンスの違いはあります。(もうご存知かもしれませんが…)

生イングリッシュを使うと、どのような場面でどちらを使うのが適切なのか、具体例を挙げて分かりやすく説明してもらえます。

▼will と be going to▼

point

will =「心に決めていること」

be going to =「スケジュール、予定」

とても明快でわかりやすいですね。

▼How long と How much longer▼

point

how long =「どのくらい?」

how much longer =「あとどのくらい?」

とても微妙なニュアンスの差ですが、使いどころは違いますね。

講師陣は全員バイリンガルで、日本語・英語の両方のちょっとしたニュアンスの違いを理解しています。ですので、「そもそも質問の日本語のニュアンスが伝わっていない…」なんてことにはなりませんので、ご安心を!

HPにはバイリンガル講師の写真や自己紹介動画なども載っていました。

\どんな講師がいるかチェックしてみる!/

生イングリッシュ

LINEを読み返して復習できる

LINEを使うとやりとりの履歴が残りますので、いちいちメモを取らなくても大丈夫。

質問の履歴が多くなってもLINEにはトーク履歴の検索機能もありますので、以前の質問と回答を簡単に呼び出せます。

英語を話している間に「あれ、この間生イングリッシュで質問したんだけどなんだっけ…?」と分からなくなった時でも、さっと見返すことができます。

英会話スクールより断然安い

マンツーマンのレッスンを英会話スクールで受けようと思うと、1レッスンの料金はいくらになるかご存知でしょうか?

40分のレッスンで最安値で1レッスン6千円程度、50分以上のレッスンだと1レッスン1万円をゆうに超えてしまいます。

その点、いつでも英語表現について質問できる生イングリッシュは月額2980円(税抜)。1日換算で約99円です。

もちろん、英会話スクールと生イングリッシュのサービスは性質が違うので、一概に料金を比較することはできません。

ですが、「いつでも英語の疑問点をバイリンガル講師に尋ねることができる」という生イングリッシュのサービスが、とてもリーズナブルであることを実感してもらえると思います。

みの
個人的には、オンライン英会話と生イングリッシュを組み合わせて学習すると一番安く、かつインプット・アウトプットともに十分にできるので効果的だと考えています。

生イングリッシュのデメリット

メリットがたくさんの生イングリッシュですが、デメリットもあります。

LINEに登録していないと使えない

生イングリッシュはLINEでやりとりするサービスです。

LINEの月間アクティブユーザー数は国内で8000万人以上ということですので、おそらくほとんどの方が使えるとは思いますが、登録していない方は使えません。

口頭でやりとりできない

直接顔をみてやりとりしたい方は、毎回文章で問合せしなければいけないのでストレスに感じるかもしれません。

口で質問した方が早いなぁ…と思うかもしれませんが、問い合わせ内容と回答が文章で履歴に残るので、メモを取る必要がないという点ではスムーズです。

月額料金がかかる

無料で英語の質問ができる掲示板もネットにはあふれていますので、月額料金がかかるというのはハードルが高く感じるかもしれません。

しかし、生イングリッシュのすごいところは「思いついたときに、バイリンガル講師にLINEですぐに質問し放題」というところ。

もしあなたにバイリンガルの友達がいたとして、月に1、2回英語をみてもらったとします。そしたらその日のランチや飲み代くらいおごりますよね。

その点生イングリッシュでは、月額2980円(税抜)で1ヵ月間質問し放題ですから、逆にコスパが良いと感じませんか?

同じ金額で開いても眠たくなるだけの参考書を買うより、ずっと良い買い物ですよね^^

英語を添削してもらえる生イングリッシュのまとめ

生イングリッシュサービスについてご紹介しました。

「これであってるのかな?」と不安そうに英語を話す自分や、いくつもの翻訳サイトを見比べて頭を抱える時間とはもうさよならしましょう!

あなた専属の英語のコンシェルジュ、生イングリッシュを使えば、自信をもってネイティブお墨付きの英語を使えるようになりますよ。

\使ってみようかな?という方はこちら/

ネイティブな英語表現を質問し放題!生イングリッシュ

▼お子さんの英語教育について検討されている方におすすめの記事です!

幼児の英語教育は無駄?偏差値82の私が考えるたった一つの大切な事

  2020年から小学校で英語の必修化が全面スタートします。 国全体でより早くから英語教育に力を入れる方針に変わっています。 赤ちゃんや幼児向けの英会話教室や英会話教材も、いまは良質なものがたくさんあ ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
みの

みの

大阪在住の31歳。2018年生まれの男の子のママです。旅行が趣味。独身時代はバックパックを背負って海外一人旅に行ってました。いつかまた身軽に旅行に行ける日を楽しみに、オンライン英会話で英語の勉強してます!

-英語

© 2020 ままりごと Powered by AFFINGER5