ヘルメット治療

ヘルメット治療を小児科医に「意味がない」と言われたら

先日こんなツイートを見かけました。

小児科の医師だそうです。

今、娘がヘルメット治療をしています。

もしかしたらこの記事を読んでくださっている方の中にも、小児科医にヘルメット治療なんて意味ないなどと反対された方がいるかもしれません。

ヘルメット治療をさせている親からするとちょっとこのツイートにはモヤっとしたので思わず記事を書いてしまいました。

ヘルメット治療するかどうか悩んでいる方、今ヘルメット治療をしている方皆さんに参考になればいいなと思っています。

ヘルメット治療に反対する医師に思うこと。

まず言いたいのは、医師は神ではないということ。世界中の治療のすべてを知り尽くしている人ではありません。

別に医師をディスっているわけではないですよ!現実的にそれは不可能ですもん。

だから治療を受ける立場として、一人の医師の意見だけではなく色んな意見を取り入れて自分で考えるのが良いかなと思っている、ということです。

そして、人間同士なので意見や価値観が合わないことは当然あります。

ヘルメット治療を反対する医師にわたしが思うことを書いていきますね。

審美目的と言う事は重々承知

うちの娘の場合、病気による頭蓋変形ではありません。

審美目的でヘルメット治療をしています。

よく、医師から「そんなに気にならなくなる」って言われたという話がありますが、それって医師としての意見じゃなくて個人の価値観じゃないですか?

医師として、「これくらいのゆがみがある子は10年後にはこれくらいになると予測される」など、医学的根拠に基づいた具体的なデータを出してくれてるわけではないんですよね。

そのうちにそれなりの形になるとこの方は言っていますが、それなりの形って何でしょうか?

きっとご自身の頭の形で悩んだ事は無いんでしょう。

例えば同じくらいの絶壁でもめちゃくちゃ悩んでいる人と全然気にしない人がいるのはわかります。

ただ、頭の形が綺麗で悩む人はいないでしょうけど。

将来娘が頭の形を気にするタイプかどうかわかりませんが、娘の頭の形が歪んだのは遺伝ではなく寝てる時間が長かったから。

外的要因なので治せるものなら治したかったんですよね。

自分の話になってしまって申し訳ないのですが、私は歯並びが悪い事がコンプレックスでした。

ただ、かかりつけの歯科医は矯正否定派でした。

この程度だったら健康上問題もないし、わざわざ矯正しなくてもいいと。

もっとひどい人はいくらでもいる。ブラケットをつけることによる虫歯などのリスクの方が大きい、と取り合ってくれませんでした。

確かに、歯科的な判断で言えばそうだったのでしょう。

医学的にそこまでひどい不正咬合のない私の歯を揃える必要はなかった。

でも、私は人前で笑うのが嫌だったし、横から見られるのがとても嫌でした。

結局、社会人になって家を離れて歯医者を変えてから矯正をしましたが、やってよかった!もっと早くやりたかった!人生変わった!しかないです。

「もっとひどい人はいくらでもいる」は全然救いの言葉じゃないんですよね。

医師がどう思うかじゃない。自分自身がどう思っているか、それに尽きる。

個人的な私情を乗せずに医学的にメリットデメリットを説明し、その上で治療の選択は患者に委ねる。私が医師に望む役割はそれです。

というか、大人になってから矯正してびっくりしましたよ!

めっちゃ痛い。痛すぎる。

これを小学生の子供でもやってると思ったらよくがんばっているなと。

それに引き換えヘルメット治療はこんなに痛い事は無いですしね。

侵襲が大きい、子どもに強いるほどのメリットがあるのか、それなら保険収載すべき→これ、歯列矯正にも言えますよね?

歯列矯正こそ、調整してから数日はマトモにご飯食べられないくらい侵襲的な治療ですけどね……。

ちなみにアメリカでは歪みの程度が強ければヘルメット治療は保険が適用されます。

取り返しがつかなかったらどうしてくれるんだろう?

これから髪の毛が生えて頭の周りが大きくなってくると、ある程度まで歪みはマイルドになるんだろうなとは思っています。

でももし治らなかった場合に、頭の形は歯並びと違っていつでも直すわけにはいかないんですよね。

公園で並行四辺形の頭の子を見たことがあります。もう3歳位でした。

どう見ても大人になって治るもんじゃなかったですよ…大泉門も閉じてるのに。

上の子も軽度の斜頭がありましたが、3歳の今確かに目立たなくなったものの、まだ歪みはあります。

息子の頭を見ていたからこそ娘の頭の歪みは治らないものと思い、ヘルメット治療を選択しました。

あと、娘の頭がゆがんでいることに気づいたのは3ヵ月の頃。

それからヘルメット治療を始める6ヶ月まで、ベビーカーは一切使わず移動は必ず抱っこ、うつ伏せ、頭の向きを変えるなどノイローゼになりそうなほど色々やりましたが、ちっとも良くなりませんでしたよ…。

(ヘルメット治療考えていたので一度測定にも行きましたが、データ上も全く改善が見られなかったのを確認ずみ)

髪型で誤魔化せるっていいますけど、逆に誤魔化すような髪型しかできないですからね。

エビデンスを確認せず発言している

「俺が小児科専修医だった頃散々議論されて意味なしの結論を小児科学会で出した」と言っていますが

こちらのツイートの後、ここ10年の論文を改めて読んでみたらやらないよりはマシ位の効果がある事は認められていると言う趣旨のツイートをしています。

あぜん ですよ。笑

医療の世界における10年という時間の重さをこの方は医師としてどう考えているのでしょうか?

私も医療現場にいたことがありますが、1、2年で標準治療や常識がガラッと変わるなんてよくあること。

10年前の知識を今のスタンダードのように話していたのでしょうか…。

一方で10年前は小児科学会として推奨しなかったのも間違いではなく割と最近認められたもの、だと言っています。

うん、私たち10年前じゃなくていまを生きているので今効果があるというエビデンスがあればそんなことどうだっていいんですよ。10年前の事は。

みの
10年前ってスカイツリーも開業してませんよ…。(2012年5月開業)

50万円を惜しいと思う家庭はそもそもヘルメット治療やらない

歯列矯正もそうですが、生活を切り詰めてまでやるものではありませんよね。

50万円を惜しいと思う家庭はそもそもヘルメット治療は最初から視野に入ってこないと思います。

娘の頭の形のためだったら、我が家にとって50万円は払えるお金だったんですよね。(うちはスターバンドなので40万ですが)

痛くもかゆくもないといえば嘘になりますけど笑、わたしの歯列矯正で100万円越えですもん。

保険適用外だしまぁそんなもんじゃない?と思います。

50万円も出せるなら別に使い道があるでしょう、とこの医師は言っていましたが…個人の感想ですよね?笑

まとめ

何が気に障るってこれらを小児科医という立場で発信してることです。

わが子の頭が歪んでいたけどその50万円を旅行や習い事に使いたかったからうちはやりませんでした、という話ならうんうん、そういう考え方もあるよね、って話なのです。

どのような意図があってこのツイートをしたかにもよるけれど、この方はまず最初に「ヘルメット治療をしているツイートが流れてきて、本当に申し訳ない気持ちになっている。」と言っている。

つまりは、小児科医としてヘルメット治療は意味がないと言うことを世間に啓蒙できていなかったがために、無駄金を払った親御さんを救えなくて申し訳ないと言う意味でしょうかね。

いやいや、そんな世間に大きな影響を与えうるような立場から発言するならエビデンスくらいしっかり調べてからお願いします。

親は馬鹿じゃないですよ。

わが子のことだからこそ悩んで考えてたくさん情報を集めた上で治療を選んでるんです。

海外の論文まで読んでからヘルメット治療を決めている親もたくさんいますからね。

きっとそこらの小児科医より様々な情報を集めてるでしょうね。

もちろん悩んで治療を選ばなかった親御さんも、それぞれ家庭によって答えは違えど、子どものことを真剣に考えたという過程は一緒なんです。

憐れまれる筋合いはありません。

最後に、うちの娘はもうすぐ卒業ですが、この細長い頭がここまで丸くなりました。

ヘルメット治療
治療前
ヘルメット治療 卒業
もうすぐヘルメット治療卒業!

お団子もポニーテールもなんでも来い!めいっぱいオシャレを楽しんでほしいな。

娘が生まれたばかりの頃、上の子のケアをしっかりしてあげなきゃと思うばかりに娘を寝かせっぱなしにして、ちゃんと構ってあげられなかった。

そのせいでこんなに頭がぺったんこになってしまった。

もしこのまま頭の形が戻らず娘が将来悲しい思いをしたら私のせいだ…と深夜に半泣きで検索魔になったり、こまごまと頭の向きを変えてみたり苦しい思いをしていた私の心が救われました。

ヘルメット治療のことをよく調べもせずに、知識のない親が半ば詐欺のような業者につかまって無駄な治療に大金を払わされているというようなニュアンスでツイートされていたことにモヤったお話でした!

みの
おいしいものを食べたほうがよっぽどマシっていうのは医師としての意見じゃない。個人の価値観ですからねー!笑

 

▼ヘルメット治療を終えたときの気持ち。

ヘルメット治療 後悔
ヘルメット治療、後悔してる?後悔してない?うちの子の場合。

うちの娘は生後6ヶ月の時から約5カ月間ヘルメット治療をしていました。 我が家が、娘のヘルメット治療をして後悔しているかどうかについて記事を追加しました! …というお話なのですが、実際にどれぐらいヘルメ ...

続きを見る

 

▼3歳息子のヘルメット治療しなかった頭はこんな感じになりました!

赤ちゃん 絶壁
ヘルメット治療をしなかった息子の3歳になった頭の形

息子は赤ちゃんのとき向き癖がひどく、後頭部がななめになっていました。 3歳になった今の頭の形を載せているので、お子さんの頭の形が変かも…と気にされている方はぜひ参考にしてみてください。 向き癖のあった ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

みの

関西在住の30代の2児ママ(2018年息子・2021年娘)。趣味は旅行、読書。独身時代はバックパックを背負って海外一人旅に行ってました。主に子育てのことについてブログを書いています。

-ヘルメット治療
-