バヨ カラフルプルトーイ

雑記

バヨ(BAJO)カラフルプルトーイの口コミ

スポンサーリンク

 

息子が生後6ヵ月のころ、母からクリスマスにもらった知育おもちゃ、BAJO(バヨ)社のカラフルプルトーイ

ボーネルンドのお店の中でも、「かわいい!」と母の一押しでした^^

最初のクリスマスはかじるだけだったのですが、息子が1歳半になった今、これがめっちゃハマっているんです!

長く使えておしゃれでかわいい、おすすめの知育おもちゃです。

遊び方など、詳しくご紹介しますね。

 

バヨ(BAJO)社とはどんな会社?

カラフルプルトーイを作っているバヨ社は、ポーランドにある木製おもちゃの会社です。

  • 遊びながら学びや感性を刺激するデザイン
  • 見た目の美しさにとことんこだわる
  • 自然のぬくもりを感じる

以上をコンセプトに、ヨーロッパの木を使って、ポーランドの工房で丁寧に仕上げられています。

 

カラフルプルトーイの外観について

まずはカラフルプルトーイの見た目について説明していきます。

子どもが触れるおもちゃは、見たり触ったりしてもやさしく、美しいものがいいですよね。

 

みの
このおもちゃはその条件にぴったりです!

 

美しい色とやさしい手触り

カラフルプルトーイ 外観

中のはめ込みブロック、横のラインの色使いがとても美しいです。

また、塗装されていない木目部分もとても綺麗。明るい色の木目で、あたたかな雰囲気です。

角は丸くすべすべで、丁寧に作られているのがよく分かるとても優しい手触りです。木のささくれや、角などは一切なく、安心して触らせられます。

 

はめ込みブロックの形は6種類

カラフルプルトーイ ブロックの形

カラフルプルトーイ はめ込みブロック1

丸、三角、正方形、長方形、三日月、多角形と6種類のブロックの形があります。

ボックスの両面に3個ずつそれぞれの形の穴があいていて、かたち合わせ遊びができるようになっています。

 

愛嬌のある亀さん?の形

ボックス部分を台に乗せると、亀さんの形になります。

…と、改めて思ったのですが、カタツムリだったりするのかな?笑

どちらにしても、小さなお目々がついていて、とても愛らしいです。

 

カラフルプルトーイの遊び方

次に、遊び方について説明しますね。

見ての通り、色々な遊び方ができます。

 

台車を引っ張る

緑の紐を引いて引っ張ると、亀さんと一緒にお散歩できます。

ブロックを入れたボックスを付けたままで引っ張ると、ボックスがくるくる回ってブロック同士がぶつかり、ガランガランガラン…と音が鳴って楽しいです!

 

みの
ガランガランという音ですが、ブロックは木製なので不快感のある音ではなく、心地いいです。

 

また、ボックス部分を外して別のものを乗せて引っ張って遊ぶこともできます。

息子はティッシュ箱やぬいぐるみを台車にポンっと置いて引っ張ってます。

 

▼ハンガーを乗せている姿。この後キャッキャと笑いながら引っ張っていました。

カラフルプルトーイで遊ぶ子ども

 

かたち合わせをして遊ぶ

ボックス部分の穴に、同じ形のブロックをはめて遊びます。

 

▼これは赤い長方形をはめ込んでいるところ。うまく撮影できず…!

カラフルプルトーイで遊ぶ子ども 2

まだ複雑な形は入れられませんが、丸や四角のブロックをはめ込んで、大喜びで拍手をしては「もう一回やる!」と言いたげにボックスに入ったブロックを取り出すように何回も要求してきます。笑

機嫌が悪いときにも、このかたち合わせ遊びをわたしが始めると、ニヤッと笑って参加してくるので助かっています。
(そして嫌なことをコロッと忘れる)

付属ではない小さめのボールや、洗濯ばさみ、ワセリンのボトルなど色んな物がこの中から見つかることも。笑

 

ボックス部分を転がす

カラフルプルトーイ レビュー

ボックス部分だけを取り外し、コロコロ転がしていくと大喜びで追いかけていきます。

歩けるようになる前は、ハイハイでキャッキャと喜びながら追いかけていました!

0歳の赤ちゃんでもちょっと押すだけで簡単に転がって音がするので、楽しいようです。

 

積み木として遊ぶ

カラフルプルトーイ 遊び方

中のブロックを取り出して積んで遊ぶこともできます。

一歳くらいになるまでは一つ一つ手にとってはかじりつくだけでしたが、そのうち勝手に2、3個積んではニコニコと嬉しそうにするようになりました。

わたしが6個積み木を積んだら、笑顔で崩しに来ます。笑

 

みの
1歳半検診で積み木チェックがあると聞いていたので、これで練習しました!

 

色や形の名前を学ぶ

「どれが赤色?」「黄色の丸をはめようね」と、自然に色や形を学ぶきっかけになります。

「どんな色がすき?赤!」とか

「yellow yellow yellow」とか、色に関連する歌を歌いながら楽しく遊んでいます。

 

おままごと

亀さん(もしくはかたつむり)の形をしているので、おままごとをすることも。

ぬいぐるみと一緒に「〇〇くん、遊ぼ〜」「あっ、亀さんが来たね。こんにちはー!」とお話しさせて遊びます。

 

いつからいつまで遊べる?

ボーネルンドのHPで調べると、対象年齢は1歳半位~となっていました。

ですが、ねんねの頃からでも、カラフルなブロックを眺めたり握ったり、木の感触を楽しんだりして遊ぶことができます。

ボックス部分を転がすだけなら、6ヶ月くらいからでも楽しめます。

友人の4歳の子どもも、うちに来た時に複雑な形のブロックをはめ込むのに夢中になっていたので、長く遊べそうです。

 

カラフルプルトーイの口コミまとめ

木製のおもちゃはとても高級感があるので、お誕生日やクリスマスなど、特別な日のプレゼントにもぴったり!

プラスチックより劣化しくく、これ一つで色々な遊び方があり、長く使えるので、コスパは高いです。

そして、ちょっと部屋の片隅に置いておいても、インテリアを邪魔しないナチュラルさと可愛さ。

海外の子供部屋みたいな雰囲気になるので、とても気に入っています。

ぜひおすすめです!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
みの

みの

大阪在住の31歳。2018年生まれの男の子のママです。旅行が趣味。独身時代はバックパックを背負って海外一人旅に行ってました。いつかまた身軽に旅行に行ける日を楽しみに、オンライン英会話で英語の勉強してます!

-雑記

© 2020 ままりごと Powered by AFFINGER5