雑記

育休中に退職した私が、納得してもらえる退職理由を9個教えます!

スポンサーリンク

 

この記事を読まれている方は、こんなお悩みをお持ちではないですか?

育休中に退職したい….。でも、退職理由はどう言ったらいいかな? もっと赤ちゃんと一緒にいたいとか、育児と仕事の両立が厳しいとか、そんな理由って認められる?


私も育休中に退職したので、退職理由に悩む気持ちはとってもよくわかります。

正直、良く思われない育休中の退職。

できるだけ立つ鳥跡を濁さず、お世話になった職場の方に嫌な思いをさせずに退職したいですよね。

この記事では、私がどのような理由で育休中に退職したかについて説明しますね。

また、「それなら育休中に退職してもしょうがないね」と、周囲に納得してもらえるような退職理由についてもご紹介します。

 

みの
育休中の退職理由に悩んでいる方のお手伝いができればうれしいです!

 

 

育休中に退職したとき、会社に退職理由をどう伝えた?

育休中の退職理由

私の退職理由は次のとおりです。

産後体調が優れず、その様子を見た家族から仕事復帰を反対されている

具体的には、以下のように会社に伝えました。

  • 産後とても疲れやすくなり、毎月のように発熱と嘔吐で数日寝込んでしまう。
  • 病院にはかかったが、原因不明。その都度薬を飲むなどしてやりすごすしかない。
  • 夫や実家・義実家の親も手伝ってはくれるが、忙しく現状以上のサポートはできないと言われた。
  • なんとか育児・家事はできているが、その様子では仕事復帰は難しいだろうから退職するように、と家族に言われている。


どうですか?「体調が悪い」「家族が反対している」という2点を盛り込みました。

体調を崩している人を会社は引き留められないだろうなと考えてのことでした。

私はこの理由で、すんなり退職できました。

もし育休中に退職をお考えの方で、退職理由に悩んでいる方がいらっしゃったら、よかったらこのまま使ってください!笑

ちょっと大げさには言いましたが、産後の体力低下で以前のように動けないママさん、少なくないですよね。

 

納得してもらいやすい育休中の退職理由

ここでは、いくつか納得してもらえそうな育休中の退職理由についてあげていきますね。

ちなみに、この記事を読まれている方は、おそらく以下のようにお考えかと思います。

「赤ちゃんと離れたくない」「育児と仕事の両立が難しい」という理由だけでは弱いから、会社が納得してくれないだろうな…。


ですので、そのような理由は省きます。

本来であればどんな退職理由でも認められるべきではありますが、やはり引き留められるとしんどいですよね。

それならば、会社側がすんなり納得できるような理由を持っていきましょう。

できるだけ波風立てないように穏便に退職できそうなものを。笑

それではどうぞ!

 

保育園に入れなかった

もし、育休を最大限延長してから退職する場合は、保育園に入れなかったというのがスムーズです。

入園希望を出しておいて、不承諾通知をもらえるように、役所に掛け合っておきましょう。(府承諾通知をもらえるかどうかは自治体によると思いますので、ご確認くださいね!)

がんばって保活したけれど、子どもの預け先が確保できない…ということであれば、復帰は不可能ですもんね。

個人的には復職の意思がなくなった時点で、早めに退職を申し出るのが誠意かなとは思いますが、

会社からしてみれば、

  • 本当に保育園に入れなくて復職できなかったケース
  • 最初から退職するつもりで保育園に入れないようにしたケース

この二つのケースで何か手続きなどの対応が変わるわけでありませんしね。

ただ、保育園に誰でも入園できるような場所に住んでいる方はこの理由は使えません…!

 

自分の体調が悪い

前述のとおり、私が使った理由のうちひとつがこれです。

体調不良の内容は軽めでも構いません。

特に産後は、原因不明の体調不良をきたしやすいです。熱が続く、貧血で倒れるなど。

これくらいの体調不良なら、ちょっとおおげさに言いやすいですよね。

子どもがいなければ、多少の体調不良はおして出勤できるが、育児と仕事の両立をするとなると、この体調では難しいと伝えると良いでしょう。

なお、「ちょっと気分が落ち込んで…」など、メンタル面の不調を主張するのはやめたほうがいいでしょう。

「仕事した方が気分転換になるんじゃないか?」と引き留められる可能性が出てきてしまいます。

▼使えそうな体調不良のパターンをいくつか考えてみました。

発熱・・・毎月のように38度の熱が出て、数日寝込んでしまう

めまい・・・めまいがひどく、家事・育児も休み休みでしかできない

嘔吐・・・頻繁に嘔吐してしまうが授乳中で薬が飲めず、吐くしか方法がない

頭痛・・・週に2、3回頭痛が起きる。PCの画面を見ると悪化する

PMS・・・産後PMSが悪化し、毎月動くのもつらい期間がある

腰痛・下肢痛・・・時々歩けないくらい痛くなる。横になるしかない

病院にはかかっているけれど、改善しなくて…。と一言添えましょう。

 

家族の体調が悪い

家族の体調不良を理由にする方法もあります。

  • 実家の親が体調を崩してしまい、育児・家事に加えて、親の身の回りの手伝いをしなくてはならなくなった。
  • 子どもがすぐに体調を崩してしまい、保育園に預けるのに不安がある。


など。

自分自身の体調不良ではないため、退職手続きなどの際に顔を合わせたときに「え、元気そうじゃん」という目で見られることはないですが、「公的サポートを受けてはどうか?」などと説得される可能性も無きにしもあらず。

 

復職を家族に反対されている

私の退職理由の二つ目がこれです。

家族のせいにしてしまいましょう。

  • 最初は復職を応援してくれていたけれど、実際に子どもが生まれて、育児と家事で精いっぱいになっている様子を見て、仕事をするのは難しいと夫に言われた。
  • この子の将来のために手を尽くしたいから、幼児教育に専念してほしいと義両親から援助の申し出があって断れない。


など。

自分は復帰したかったんですが、残念ながら家族の理解が得られなくて…という雰囲気を出すことで、罪悪感もちょっと減るので言いやすいと思います。

point

最初から育休とらずに退職しとけばよかったのに。って思われないように、「子どもが生まれてみたら、家族の気持ちが変わって復職を反対するようになった」と主張しましょう。

 

夫の転勤などで引っ越す

通勤できない場所に引っ越すことにしてしまうというのも一案です。

現実的に通勤が不可能であれば、引き留められずに退職できます。

ですが、職場が自宅の近くで元同僚と顔を合わることがあったり、元同僚と共通の知人がいる場合などには、あとからバレるかもしれませんので、注意してください。

ただ、バレても「やっぱり転勤の予定がなくなったんですよ~」とシラを切りとおすこともできます。

 

通勤が難しい場所に家を建てることになった

家の購入には様々な要因が絡んできますよね。

予算・学区などの関係上、どうしても会社から離れた場所(もしくは、乗り継ぎなどが多く通勤に時間がかかる場所)に家を建てることになったと言うと、納得してもらえると思います。

これから建てる予定で、今契約手続きを進めている…と言えば、まだ引っ越ししていなくても不自然ではありませんしね。

一生に一度の買い物だから、どうしても妥協を許せなかった、と言いましょう。

 

両親のサポートが受けられなくなった

両親のサポートをがっつり受けて復職予定だったものの、両親の体調不良・仕事の都合などでサポートが受けられなくなってしまった。そのため復帰は難しい、と伝える手もあります。

ただ、他にも同じ状況でワーママをしている同僚がいると、「○○さんは両実家遠いけど、色々なサービスを使って頑張ってるよ!」と言われる可能性もあります…。

 

夫が転職して激務になった

育休中に夫が転職して、仕事がとても忙しくなってしまい、完全に一人で育児をしなくてはならなくなった。

仕事に復帰した場合、保育園の準備や送り迎えも全て一人でこなさなくてはならず、子どもが熱を出しても夫は迎えに行けない。夫の協力なしには両立が不可能なので、退職したい。と言ってみましょう。

ただ、こちらも「大丈夫、なんとかなるよ!」と言われてしまったら、あまり強い効力はないので、他の理由(自身の体調不良など)と組み合わせるのが良さそうです。

 

自営業を手伝うことになった

夫が起業する、実家の自営業がピンチで手伝わなくてはいけない…など、他の仕事を手伝わざるを得ない状況になったと伝えます。

自ら転職したわけではなく、否応なしに他の仕事を手伝わなくてはならない状況なので、退職も切り出しやすいと思います。

「人を雇うお金がなくて、家族で何とかしなくてはいけないんです…」と言うと効果的です。

ただ、雑談で「どんなお仕事?」と聞かれる可能性もあるので、設定は詰めていっておきましょう。

 

育休中の退職理由、ちょっとしたポイント

職場で退職の相談を受けることがある夫いわく、「家族の反対」というのはかなり強いワードだ、とのことです。

本人の職場への不満などが退職希望の理由であれば、配置転換など改善策を考えることができます。
でも、家族の意向では自分がもう引き留めても無駄だという風に感じるようです。

無理に仕事を続けるように促して、家庭崩壊したら困りますもんね。

「引っ越す」とか、バレてしまうかもしれない嘘をつきたくない方は「家族の反対」と言っちゃいましょう。

 

退職理由は嘘をついてもいいの?

退職理由は、嘘でも全然かまわないです。

そもそも、退職理由を詳細に会社側に伝える義務はありません。

「一身上の都合により退職します」だけで良いのです。

ですが…、なかなか実際難しいですよね。「なんで退職するの?」と聞かれることがほとんどだと思います。

その時のために、隙がないように、退職理由を準備していきましょう。

 

嘘でも、退職理由に隙がない方がお互いのためになる

嘘でもいいので、しっかりと退職できる理由を伝えるべきです。

会社に引き留める隙を与えてはいけません。

隙があれば、会社も引き留めたくなってしまうかもしれませんからね。

どうせ辞めてしまう社員に、引き留めるだけの無駄な時間を使わせないのも立派な優しさです。

万が一その嘘がたとえバレたとしても、向こうも大人ですから、真っ向から指摘してくることはあまりないでしょう。

お互いに、「残念ですが、そういうことなら仕方ないですね」「今までありがとうございました。」と、表面上にこやかに言って終われるような環境を作りましょう。

 

お世話になった方と気持ちよくお別れするために、嘘も方便

「やっぱり育児に専念したくなった」

「仕事より子どもとの時間を大事にしたい」

この理由、そうだよね、わかる~。と言ってくれる人ばかりではないですよね。

価値観は人それぞれ違います。

あなたが辞めたいと思っている仕事を、好きで一生懸命がんばっている人もいます。

誇りを持って育児と仕事を両立している人もいます。

「戻ってくるって言ってたのに、今さらやっぱり育児に専念だなんて、裏切られた!」とがっかりする人も、

「人手不足なのに、休むだけ休んでずるい!」と嫌な思いをする人も中にはいるでしょう。

それでも自分は退職を選ぶと決めたのなら、会社の人たちにできるだけ嫌な思いをさせずに去ることも思いやりです。

正直に理由を話すことばかりが、良いことだとは限りません。

「保育園に入れなくて、残念ですが退職します」という理由なら、

「仕事辞めたくなかったのに辞めなきゃならないんだな。大変だな…」と、会社の人も嫌な思いをせずに済みます。

 

▼育児に専念するために退職したことを後悔していない?というお話

育児に専念するために退職。後悔していない?

  育休中に退職して、1年以上が過ぎました。 わたしが退職を決めた理由はザッとこんな感じ。   自分の体力・スキルでは仕事と育児の両立が難しい 忙しいとピリピリしてしまうタイプなので、気持ちに余裕を持 ...

続きを見る

 

退職理由をどうやって告げる?

基本的には、メールか電話でアポイントを取って、職場に直接出向いて退職の話を進めましょう。

お子さんは、預けていきましょうね!

最初から、「退職します!」という姿勢でいくことが重要です。

一言目に、「実は、退職を考えておりまして…」と言ってしまうのが良いでしょう。

退職を言い出しにくくて、「今こういう状況で、家族も反対していて、悩んでいて…」と言っても、会社側から退職を促すようなことは言ってくれません。

会社側から退職を促すのは、マタハラなどの問題につながってしまいかねませんからね。

きっぱりと、退職するので事務手続きだけをしに来ました!という気持ちで臨んでくださいね。

もし、どうしても言い出しにくい…という場合は退職代行サービスを使うのもオススメです。

第三者に間に入ってもらうことで、嫌な思いをすることなく退職できます。

費用はかかってしまいますが、育休手当から出しちゃいましょう…!笑

即日退職可能なので、モヤモヤ悩んでいる気持ちが数日後にはすっかり晴れやかになりますよ^^

 

みの
ちなみに、退職代行サービスではメッセージなども伝えてもらえることが多いです。「体調が芳しくなく、直接ご連絡をすることが難しいためこのような形とさせていただきました。育休をいただいていたのに復帰できず申し訳ございません。」などと伝えてもらうと、不義理な印象は少なくなるでしょう。

 

▼労働組合が運営している退職代行サービス。顧問弁護士による簡易法律相談も!

\失業手当などにも詳しいので安心/

退職コンシェルジュ

 

▼女性向けの退職代行サービスのご紹介

わたしNEXT(女性向け退職代行)の評判は?転職でお祝い金も!

  退職したいけど、なかなか言い出せなくてずるずる時間が経っていってしまう…。 退職代行サービスを検討しているんだけど、色々な会社があってどの会社を使えばいいかわからない…。 そのように悩んでいる女性 ...

続きを見る

 

育休中の退職理由について、まとめ

退職を言い出すのは、心苦しくてしんどいですよね。

でも、いつかは言わなければいけないものです。

そして、いつ言っても気まずいものです。それは別に、育休中に限りません。

だったら、早めに切り出して楽になっちゃいましょ!

この記事が、お役に立てたならうれしいです^^

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
みの

みの

大阪在住の31歳。2018年生まれの男の子のママです。旅行が趣味。独身時代はバックパックを背負って海外一人旅に行ってました。いつかまた身軽に旅行に行ける日を楽しみに、オンライン英会話で英語の勉強してます!

-雑記

© 2020 ままりごと Powered by AFFINGER5