雑記

育児に専念するために退職。後悔していない?

スポンサーリンク

 

育休中に退職して、1年以上が過ぎました。

わたしが退職を決めた理由はザッとこんな感じ。

 

  • 自分の体力・スキルでは仕事と育児の両立が難しい
  • 忙しいとピリピリしてしまうタイプなので、気持ちに余裕を持って子どもと接したい
  • 子どもが小さいのは一瞬のことなので、自分の手でじっくり育てたい
  • お金を稼ぐことはもう少し先でもできる

 

決して仕事が嫌だという理由ではなかったので、めちゃくちゃ悩んだ末での退職でした。
だから、辞める時は「これでいいの?」「後悔しない?」とかなり不安に思っていました。

そんなわたしが退職を決めてから1年以上経って、やっぱり後悔してるの?してないの?ということについて考えてみました。

一言でいうと、「ちょっとだけ後悔や寂しさはある。それでも、この選択をして良かったと心から思う」…という感じ。

 

みの
あくまでも個人的な意見ですが、退職を悩んでいるお母さんのご参考になればうれしいです。

 

育児のための退職、後悔ポイント

まずは私が感じている、育児のために退職してちょっと後悔しているポイントについてお話しますね。

 

自分のお金が貯まらない

何よりもこれです!笑

自分の口座にもうお金が増えていかない!…怖いですね~。笑

復帰していたらこれぐらいは貯まっていたかな…?と皮算用しちゃいます。

息子はまだ2歳でそんなにお金もかからないですし、夫も普通に働いているので家計としては貯蓄は増えてはいますが、やっぱり自分のお金がこの先減っていくだけなのは心もとないです。

共働き時代は2人で「休みだからおいしいもん食べよ!!」と毎週パァーっと飲みにいったり、山盛りの買い物袋を抱えて帰ってきたりしましたが…ちょっとそんな気分になれないです…。

まぁ、時短で保育料もかかることを考えたら、働いてもそんなにお金はプラスにならなかったのかもしれませんが…。

 

自己肯定感が低くなる

学生時代の友人やTwitterのワーママさん、仕事をしているというだけでとっても輝いています。

本当にカッコいいな…それに比べて私は…。と落ち込むことも。

とくにわたしは仕事自体は楽しくやっていて、産休に入るときは「またこの場所に戻ってきたい!」と思っていました。

でも実際に育児をしてみて、あまりの家事・育児スキルの低さとスタミナの低さで余裕がないことを自覚し、育児に専念することを選びました。

 

もしわたしがバリバリ仕事できて、家事も育児もこなせる体力と心の余裕があれば…

  • 息子は保育園でお友達ができていろんな経験をしただろうなぁ。
  • わたしも職場では一人の社会人として生きる場所があったんだよなぁ。
  • 一生懸命働いている母の背中を見せてあげたかったなぁ。
  • ちょっとでも家計の助けになったのになぁ。

と、後悔するときもあります。

 

育児のための退職、良かったポイント

最初に後悔ポイントについて話してしまいましたが、次は退職して良かったことについてお話します。

 

家族と余裕を持って向き合うことができる

わたしはめちゃくちゃ要領が悪く、電車にはギリギリで飛び込んだり、よく忘れものをするタイプの人間です。汗

出先でオムツを持ってきていないことに気づいて何度オムツを買ったか…

 

そんなわたしがもしワーママになったら、朝から食事や出かける準備でてんやわんやしたはず。(ほんと不器用なので…。)

もしその中で息子にご飯をこぼされたりしたら…まちがいなく発狂していたでしょう。

でも今は急ぐ必要もないので、「あ、こぼしちゃった!大丈夫?」と息子に余裕を持って接することができます。

 

みの
ワーママの友人の中には「毎朝のスケジュールが決まっている方が楽だよ」という人もいるので、どっちが合うかは人それぞれなんでしょうね。

 

また、夫にも(比較的)優しく接することができています。

働いていたころは「わたしもしんどいんだから立場は一緒でしょ!!」という気持ちもあり、疲れているときはついついキツイことを言ってしまうことも多かったです…。ひどい嫁ですね。

いまは家族のために毎日仕事に行って疲れて帰ってくる夫の姿を見ると、「本当にありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいです。

 

子どものようすを間近でみることができる

あれができた、一緒にこれをした…と、ゆっくり子どものようすを見ることができるのは幸せです。

もちろん、保育園に預けているワーママさんが子どものことをみられない…と言っているわけではありません。

あくまでもわたしの場合キャパが狭く体力がないので、働いたらそれで精いっぱいになってしまって、イライラして子どもに当たってしまったり、疲れすぎて子どもの相手をする時間がまったく取れなかったでしょう。

 

みの
子どもとずっと一緒にいる方が大変。保育園で離れている時間があるぶん、一緒にいるときは優しくできるししっかり向き合えるよ、というママさんもたくさんいますよね。これもどちらの方が良いかは人それぞれ!

 

▼育休中に退職!会社になんて言った?

育休中に退職した私が、納得してもらえる退職理由を9個教えます!

  この記事を読まれている方は、こんなお悩みをお持ちではないですか? 育休中に退職したい….。でも、退職理由はどう言ったらいいかな? もっと赤ちゃんと一緒にいたいとか、育児と仕事の両立が厳しいとか、そ ...

続きを見る

 

 

育児のため退職しなければもっと後悔していた

仕事に復帰したい気持ちを諦めて、わたしが退職を選んだのは「家族にとって一番いい環境を作りたかったから」

わたしの母は働いていましたが、ピリピリしていることが多く、子ども心にビクビクしながら過ごすときも多く苦しかったです。(シングルだったのでそうせざるを得なかったのですし、もちろんとても感謝していますが。)

わたしも仕事が忙しかった時は、余裕がなくなると良くないと思いつつも夫に当たってしまうようなダメ人間でした。

退職後1年が経って、その矛先が子どもに向かわなくてよかった、優しい夫にこれ以上ひどい態度を取ってしまわなくてよかった、と心から思います。

退職したことにちょっとの後悔を感じたり、ちくっと胸が痛むときはあります。

それでも、自分は育児と仕事を両立できるキャパのない人間であることをしっかり認めて、まずは家族に安らげる環境を整えることを最優先に考えて本当に良かったと感じています。

きっと余裕をなくして家庭内が殺伐としてしまっては、今の何倍も後悔したはず。

 

最後に…

今、退職をお考えのお母さんは、どのような理由で退職したいと考えているのでしょうか。

どちらの道を選んでも、後悔はあるかもしれません。でも、できるだけ後悔の少ないと思う方の選択肢を選ばれますように。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
みの

みの

大阪在住の31歳。2018年生まれの男の子のママです。旅行が趣味。独身時代はバックパックを背負って海外一人旅に行ってました。いつかまた身軽に旅行に行ける日を楽しみに、オンライン英会話で英語の勉強してます!

-雑記

© 2020 ままりごと Powered by AFFINGER5